このページの先頭です
蒲生小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 蒲生小学校 の中の 学校の紹介 の中の 学校長あいさつ のページです。


本文ここから

学校長あいさつ

更新日:2016年4月15日

ようこそ蒲生小学校ホームページへ

あいさつ

 お子様のご入学・ご進級、誠におめでとうございます。

Vision & Workhard
 平成30年度は、新入生69名を迎え、全校児童376名でスタートしました。376名の蒲生っ子はみんなよりよく生きたい、自分を高めたいという願いをもっています。私たち蒲生小の職員はそんな子どもたちの願いをしっかりと受け止め、蒲生っ子が一人一人が「自信をもって生き生きと活動できる児童」になることを目指して、しっかりしたビジョン(Vision)をもって全力で取り組んで(Workhard)まいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

3つの「あ」
 さて、蒲生小学校では目指す学校像を「自信と誇りと感動のある学校」としております。この目指す学校像を受けて、今年度子どもたちに頑張ってもらいたいことを「あいさつ」「あんぜん」「ありがとう」の「3つのあ」に示しました。気持ちの良い「あいさつ」がしっかりできることや、事故やけが、いじめのない「安全・安心」であることは、子どもたちの自信や学校に対する誇りにつながります。また、「ありがとう」という言葉に込められた、日頃の小さな感謝の積み重ねは感動のある学校の姿につながると考えました。
 そして、この目指す学校像の具現化を図りながら、より一層『子どもが主体の教育』を推進し、越谷市が進める小中一貫教育を柱としながら『汎用的能力』に視点をあてて、子どもたちの「生きる力」を育んで参ります。

「チーム蒲生」
 そのためにも、学校・家庭・地域が一つのチームとしてまとまりながら、それぞれの役割をしっかりと果たし、共に協働しあって子どもたちの成長を支援をしていきましょう。「チーム蒲生」の力は、子どもたちが「学びたい」、保護者の皆様が「通わせたい」、地域の皆様が「大切にしたい」、教職員が「働きたい」と思える学校の姿へと高める原動力になります。
 
 今年度も地域の皆様と保護者の皆様の温かな御支援・御協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成30年4月 越谷市立蒲生小学校長 杉本 隆昭

『蒲生小学校ヒストリー』

 本校は、明治6年蒲生村の清村重兵衛氏、神谷道之助氏という先駆者を中心に、さらには地域の人々の協力を持って、清蔵院本堂を仮校舎として開校した「蒲生学校」がスタートといわれています。それ以来、世に送り出した卒業生は10,000名を超え、今や多方面にわたり活躍をされています。

 さらに蒲生の教育は、明治5年の学制発布を遡ること52年前、文政3年( 西暦1820年 )蒲生村の医師 中尾 宗庵先生によって開設された「簣山塾」に始まるとされています。そこでは、「漢文」「国文」「書方」「珠算」を教育内容として、学んだ者は500名を超えたと記録にあります。蒲生村の人たちの教育への関心の高さを示す記録でもあり、蒲生小学校に学ぶ者の誇りでもあります。

 昭和7年には「努力、信義、協同」の校訓がつくられました。続いて昭和13年には当時の小学校には珍しく校歌が制定されました。村民の協力とともに、学校もまたこれに応え、昭和10年代から体育、家事裁縫、健康優良学校、安全教育と、常に研究推進校となってきました。このような先輩達のつくられた立派な土台の上に、現在の蒲生小があるのです。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

蒲生小学校

所在地:〒343-0842 越谷市蒲生旭町1番84号
電話:048-985-6612
Copyright © Gamou Elementary School. All rights reserved.