このページの先頭です
蒲生小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 蒲生小学校 の中の 学校の紹介 の中の 学校長あいさつ のページです。


本文ここから

学校長あいさつ

更新日:2016年4月15日

ようこそ蒲生小学校ホームページへ

校長 顔写真
校長 佐藤 元治

あいさつ

お子様のご入学・ご進級、誠におめでとうございます。平成29年度は、新入生66名を迎え、全校児童355名でスタートしました。4月は新たな出会いのときです。新しい担任の先生、友達、地域の方々など、たくさんの人との出会いがあります。今日のこの新鮮な気持ちを忘れることなく、子どもたちの小学校生活が一層充実したものとなるよう願っています。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、現在の世の中は、情報化・グローバル化・少子高齢化など、時代の急激な変革の波が押し寄せています。したがって、子どもたちがこれからの社会を生きぬくためには、予測不能な困難にもしっかりと対応できる『能力の育成』が必要不可欠であると私は考えています。
 このことを踏まえ、蒲生小学校では、より一層『子どもが主体の教育』を推進し、越谷市が進める小中一貫教育を柱としながら『汎用的能力』に視点をあてて、子どもたちの「生きる力」を育んで参ります。そして、子どもたちに自信と誇りをもたせて、感動のある小学校生活が送れるように、職員一同、精一杯努力して参ります。
 そのためにも、学校・家庭・地域がそれぞれの役割をしっかりと果たし、共に協働しあって子どもたちの成長を支援することが大切です。そして、子どもたちが蒲生小学校のよき伝統を引き継ぎながら、自信をもって活動し、蒲生小学校に通うことに誇りをもち、たくさんの感動体験を通して成長できる学校づくりに取り組んで参ります。今年度も地域の皆様と保護者の皆様の温かな御支援・御協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 平成29年4月 越谷市立蒲生小学校
校長 佐藤 元治

『蒲生小学校ヒストリー』

 本校は、明治6年蒲生村の清村重兵衛氏、神谷道之助氏という先駆者を中心に、さらには地域の人々の協力を持って、清蔵院本堂を仮校舎として開校した「蒲生学校」がスタートといわれています。それ以来、世に送り出した卒業生は10,000名を超え、今や多方面にわたり活躍をされています。

 さらに蒲生の教育は、明治5年の学制発布を遡ること52年前、文政3年( 西暦1820年 )蒲生村の医師 中尾 宗庵先生によって開設された「簣山塾」に始まるとされています。そこでは、「漢文」「国文」「書方」「珠算」を教育内容として、学んだ者は500名を超えたと記録にあります。蒲生村の人たちの教育への関心の高さを示す記録でもあり、蒲生小学校に学ぶ者の誇りでもあります。

 昭和7年には「努力、信義、協同」の校訓がつくられました。続いて昭和13年には当時の小学校には珍しく校歌が制定されました。村民の協力とともに、学校もまたこれに応え、昭和10年代から体育、家事裁縫、健康優良学校、安全教育と、常に研究推進校となってきました。このような先輩達のつくられた立派な土台の上に、現在の蒲生小があるのです。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

蒲生小学校

所在地:〒343-0842 越谷市蒲生旭町1番84号
電話:048-985-6612
Copyright © Gamou Elementary School. All rights reserved.