このページの先頭です
東越谷小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 各種たより
サイトメニューここまで


本文ここから

平成29年度学校行事の様子(4/10〜)

更新日:2017年7月21日

7/20 終業式

 本日20日をもちまして、平成29年度東越谷小学校一学期が終了いたしました。ここまで大きな事故、怪我、病気もなくこれたのは、保護者・地域の皆様の温かいご支援があったからこそだと思います。深く感謝申し上げます。二学期もよろしくお願いいたします。
 終業式では、2年生の代表児童が一学期を振り返り、漢字や運動会など、頑張ったことを発表してくれました。そして、二学期では持久走大会に向けて頑張り、苦手を克服したいという抱負も発表してくれました。他の児童も自分を見つめ直し、次の目標を設定する良い機会になったと思います。
 校長講話では、ICTを活用し、一学期の行事写真を見ながら振り返りました。どの写真もたくさんの笑顔であふれ、どの東っ子もたくましく、そして大きく伸びることができた一学期となりました。そして、一学期が終わった今日、お世話になった人に「感謝」を伝えることを宿題とし、二学期9月1日に笑顔でまた会うことを約束しました。夏休みは学校では学ぶことのできない体験をして、たくさん楽しい思い出を作ってきてください。
 最後に、井上先生、岡野先生から夏休みを楽しく過ごすための注意事項がありました。まず、なによりも最優先されるのは「命」です。交通事故、水の事故、不審者による被害、自然災害など、様々な事件・事故が想定されます。学校でも指導しましたが、ご家庭でも今一度、身の守り方、自転車のルールやお金に関するルール、またSNSの使い方など、話していただくようお願いいたします。

7/19 校長先生図工授業

 19日、校長先生が6年生に「夏休みに向けてポスターの書き方」の授業を行いました。ポスターを描くときのポイントはいかにして、絵にメッセージをこめられるかという点にあります。そのコツは、描いた絵が多くの人に共感してもらえるよう意識することが必要です。
 授業では「平和」、「未来」という言葉を表す絵を描くとしたら、何を描くかイメージしました。それぞれ象徴するものがたくさん出てきて、平和をイメージするものでは、花、笑顔、輪、鳩、握手など、未来をイメージするものでは階段、扉、走る姿などたくさんの発表がでました。それから東っ子の先輩たちの絵を見ながら、何について描かれたポスターなのか考えながら鑑賞しました。校長先生から教えてもらったことを活かして、二学期に素敵なポスターがたくさん集まることを期待しています。

7/19 東っ子合唱団NHKコンクール出場の激励会

 7月19日、「練習の成果を発表することを通して、コンクール出場への心構えと表現意欲を一層高める」ために東っ子合唱団NHKコンクール出場の激励会が行われました。伸びのある歌声と美しいハーモニーを聴いた東っ子からは「聴いていて、とても気持ちが良かった」、「合唱団に入りたい」という感想を話していました。校長先生からは「歌詞の意味を考えながら」歌うことについてのお話がありました。予選は8月1日、本線は8月10日に大宮にて行われます。
 また、本日は保護者の皆様がご参観くださいました。お時間がある方は、来校していただき東っ子の活躍を見守ってくだされば幸いです。

7/14 非行防止教室

 14日、越谷警察署より少年補導員の入江様をお招きし、非行防止教室が開かれました。東っ子のみんなが決まりを守って生活するために「さいたマンボウ」にならないことが大切というお話をして下さいました。「さいたマンボウ」とは、「酒」、「いじめ」、「たばこ」、「万引き」、「暴力」のことを指し、いけないことをしないだけでなく、いけないことに巻き込まれないための方法なども教わりました。一人ひとりが決まりを守って夏休みに入っても楽しく生活できればいいですね。

7/12 SNS講座

 7月12日、講師に平方中学校の大西校長先生をお迎えし、SNS講座が開かれました。「ケータイ・スマホ、ネットをじょうずにつかおう!」をテーマにインターネットの怖さと便利さについて考えることができました。インターネットには「けせない」、「みんながみる」、「うそもある」、「しんぱいもある」、「みんながつかう」という特徴があることを知り、正しく安全に使うためには「インターネットに写真や文章を勝手にのせない」、「すぐクリックしない」、「使う時間を守る」、「家族と相談する」、「家族との約束を守る」、「家族と今日見たインターネットの記事についてお話しする」という約束を守ることが大切であることを学びました。今回学んだことを生活に活かし、誰も傷つくことなく上手にインターネットと付き合っていければいいですね。

7/6 校内授業研究会

 7月6日、「なかよし学級」で里見先生による校内授業研究会が行われました。授業は「せかいいいちおいしいスープ」を教材とし、「へいたいたちは英雄かどうか」について理由を添えて発表を行い、友達の考えを聞いて比較したり、共感したりする活動を通して、物語の多様なとらえ方があることに気づくことができました。自分の意見を持つことが得意ではない子も、挿絵や本文の中から根拠を探し一生懸命発表することができました。授業後半の個別課題では、iPadの学習アプリを使い、漢字の書き順の学習などを行う姿が見られました。
 「三角ロジック」に基づいた「書く」活動を取り入れ、書いた意見を元に発表したり、対話したりすることができました。本校が目指す「学び合い」授業が実践されました。

7/5 第3回 東っ子わくわくランド

 今年度3回目、そして一学期最後の東っ子わくわくランドが5日に行われました。このところ、休み時間に校庭に目を向けると、わくわくランドの日以外にも、高学年と低学年の児童が一緒に遊んでいる様子をよく見かけるようになりました。二学期にも楽しい遊びをたくさん計画して、みんなで楽しみましょう。

7/5 歌声のいずみ

 5日に一学期最後の歌声のいずみが行われました。今月の歌は「風」です。風はどれみふぁコンサートでも歌うことが予定されています。今回は歌を覚えるだけでなく、手話も学びました。前回の委員会活動時に、「手話すみれグループ」の皆様をお招きし、歌声委員会の子どもたちに手話を教えていただきました。手話を学んだ歌声委員会の子どもたちが、この日の歌声のいずみで全校生徒に伝達しました。「手話すみれグループ」の皆様ありがとうございました。
 一年生は初めての手話でしたが、一生懸命覚えようとよく頑張っていました。教えていただいたことを忘れずに、聴いてくれた方が感動するような歌声、手話を磨き上げましょう。

6/30 第5回東っ子教育漫才大会

30日に、東越谷小学校の一大行事である「第5回東っ子教育漫才大会」が行われました。暑い中,東越谷小学校にお越しいただいた多くのご来賓の皆様、保護者・地域の皆様、本当にありがとうございました。また、福島や長野など遠方からも多くの先生方にお越しいただきました。本当にありがとうございました。そして、毎年ご協力いただいてる、大宮ラクーンよしもとの皆様、えんにち様、本当にありがとうございました。
 東っ子教育漫才大会の目的は、あたたかいコミュニケーション作りの活性化が本来の目的です。見た人、聞いた人がほっこりとなるような、あたたかい笑い、そしてあたたかい学校を目指しています。今回の教育漫才大会では、各クラスから選ばれた代表コンビが漫才を披露しましたが、この大会に至るまでには、全校児童がそれぞれ真剣に漫才を考え、表現し、伝え合い、学び合い、そしてあたたかい笑いを生みだしてきました。その中で、各クラスの仲間達に選ばれた代表コンビがこの日に向けて、さらに磨きをかけ、1・3・5年生、なかよしは三校時、2・4・6年生は四校時に分かれて漫才を披露しました。さらに、そこから学年代表をえんにちさんに選んでいただき、今度は五校時に全校生徒の前で、漫才を披露しました。どの時間も笑顔であふれ、新しく良好な人間関係が築けたことと思います。
 最後に、校長の話にもありました。この教育活動にはもう一つの願いがあります。それは3つの「なし」です。「自殺なし」、「いじめなし」、「不登校なし」です。東越谷小学校はこれらの教育活動を通し、あたたかいコミュニケーションを活性化させ、ほっこりとした学校作りを本気で目指していきます。
いつも東越谷小学校を応援してくださる皆様、これからも東越谷小学校への応援よろしくお願いいたします。

6/27 第一回 群読集会

 27日に第一回群読集会が行われました。群読とは、複数人数が声を合わせ、その文章の世界を表現する活動であるといわれています。群読を行うと、他人の「間」に合わせる技術が身につきます。他人の間に合わせることは、相手を理解する能力を養うことにもつながります。
 第一回の群読集会では2年生が「へただけど」という詩を、5年生が東小の良いところを集めたオリジナルの詩をそれぞれ披露してくれました。2年生は詩をただ読むだけでなく、足を踏みならしたり、「はい、はい、はい」とリズムよく手を挙げて発表しました。5年生の発表では、劇を入れたり、読み方に工夫をこらしました。緩急をつけたり、人数を少ない人数から、だんだん多くしていくなど、さすが上級生といえる内容でした。また、今回5年生が発表してくれたオリジナルの詩は、職員玄関の先に掲示してあります。それから体育館の正面右側にも大きく掲示してあります。学校にお立ち寄りの際には、是非ご覧ください。ホームページの一番上にも掲載してあります。最後に、全校児童で「早口ことばのうた」を群読しました。全体での群読もリズムがずれることなく、心をひとつにすることができたと思います。

日本教育公務員弘済会会報

6/14 避難訓練

 14日に『1.教師、児童共に防災に対する意識を高め、緊急地震速報を聞いて避難基本行動を行い、安全に初期対応ができるようにする。2.教室から基本的な経路で避難することにより、教師も児童も非常事態発生の場合に落ち着いて避難できるようにする。』ことを目的に避難訓練を行いました。訓練では昼休みに震度5弱の地震が発生したことを想定し、緊急地震速報のチャイム音が13:20に鳴らされました。児童は物が「落ちてこない、倒れてこない、移動してこない」所へ避難し、揺れが収まるまで身を守る避難行動を取ることができました。
 次いで、校庭への避難指示が出されると、学年の教師方が避難する集団の先導、最後尾、残留者確認の役割を速やかに行い、避難することができました。児童は「お・か・し・も・ち」の約束を守って避難することができました。
 校庭への避難が終えると、災害用名簿と児童の顔を確認しながら人員点呼を行い、全校児童が揃ったことの確認を終えると、児童引き渡しを想定した訓練が行われました。児童は下の兄弟の学年に移動し、保護者の迎えを待つという動きの確かめができました。
 最新の地震科学では地震の予知は難しいと考えられています。 だからこそ不測の事態に備え、訓練を充実させる必要性があります。東小では、児童の命を最優先に考え、命を守る教育を推進して参ります。保護者の皆様もこの折に大きな地震が家庭や休日に起こった時の約束事や集合場所の確認などをしてみてはいかがでしょうか。

6/12 JRC登録加盟式

 12日にJRC登録加盟式を行いました。今回の加盟登録式により、青少年赤十字のメンバーとなりました。校長講話は、アンリー・デュナンが赤十字を立ち上げるきっかけや活動等についてでした。その精神に基づき、今まで東っ子たちが取り組んできたことの素晴らしさや、これからもその活動を続けていくことの大切さを話されました。
 加盟登録式の後に、昨年度の活動報告をJRC委員会の児童が行いました。本校では、栗山さやかさんを応援する募金、赤い羽募金、緑の羽募金、1円玉募金、空き缶・ペットボトルキャップ回収、熊本地震被災者支援等の活動を行っています。
 保護者の皆様には、日頃から募金活動、空き缶回収など、様々な面でのご協力、ご理解をいただき本当にありがとうございます。これからもこの活動を続けていき、この活動が世界の困っている人たちへの助けになっていて、小さな力が大きな力となってつながっていることの素晴らしさを児童に伝えていきます。

6/7 昼休み 東っ子わくわくランド

 6月7日の昼休みに第2回東っ子わくわくランドを行いました。各遊び場所にグループで集まり、1年生〜6年生の全員が遊べるよう、自分たちでルールを決め、自分たちで遊ぶことができていました。上級生が低学年の手を引いていたのがとても印象的でした。次回もとても楽しみです。

6/7 3校時 ぴよこばと演奏会

  7日にママさんブラスバンド「ぴよこばと隊」の皆様が、本校の児童のために「ぴよこばと演奏会」を開いてくださいました。ぴよこばと隊の皆様の演奏会は今年で4回目となり、子どもたちもこの日が来るのを楽しみにしていました。
 演奏会では、普段慣れ親しんだ音楽を、ブラスバンドならではの迫力やいくつもの楽器による聞き入ってしまうような音色で演奏してくださいました。子どもたちも自然と身体でリズムをとり、全員が笑顔になっていたのがとても印象的でした。教室に戻ってからも「楽しかった」という声が聞こえてきました。中には、心の琴線にふれ、感動して涙を流す児童もいるほどでした。
 ぴよこばと隊の皆様、素敵な演奏会を本当にありがとうございました。

6/7 人権集会

 5日に『いっしょに考えてみよう。こんなとき、どうする?』をテーマにした人権集会が行われました。「相手を思いやる心」について考える活動を通して、人権についての感覚が育てられました。これからも互いの人権が尊重されるように、「おあしす」の心をもてるといいですね。人権について考える素晴らしい会を開催してくれた計画委員会のみなさん、ありがとうございました。

6/5 全校朝会

 5日の全校朝会では「たばたえいいち校長先生の第41回目の10分間授業」が行われました。お話のテーマは『山田雄也さん』。
 バスケットボールの選手を目指していた山田さんは高校在学中に椅子を引くいたずらをされました。そのときのことをブログで以下のように記述しています。『俺は不意打ちにやられたから対応することもできず後ろにあった机の角で背中を強打し床にお尻から突き上げるように落ちた。その瞬間、背中と腰に異常な激痛が走った。そしてクラスメイトの子達に保健室までタンカで運んでもらった。保健室についてすぐに強打した背中背中から順に下半身が痺れ始め大変だと思い救急車で病院に運ばれた。』
手術後、治ったかのように思われた下半身は血栓による緊急手術や治療のため麻痺が残りました。がらっと変わった生活や苦しいリハビリの中でも
『俺はこの身体になってたくさんの経験ができた。家族の有り難さ。周りの支え。障害者の方の見方。心の中の考え。本当にたくさん学ばせてもらえた。』
と記しています。そして今は『車いすバスケで自分の名前(山田雄也)を広めること』を夢に向けて活動されているようです。
 校長先生が『山田雄也さんから学ぶことを3つ考えよう』と東っ子に投げかけると「いたずらが大事(おおごと)になっている。」「夢を持ち続けることの大切さ。」「自分の周りにいる人のありがたさ。」などたくさんの意見があがりました。
 山田雄也さんの経験は私たちに多くのことを教えてくれます。本校でも山田さんの活動を応援していければと考えています。

6/2 プール開き

 いよいよ6/5から水泳学習が始まります。その事前指導として、体育館でプール開きが行われました。全校生徒で、水泳学習ではルールを守り、水の事故から命を守る学習であることを確認しました。
 楽しい水泳学習となるよう、教職員一同安全性に十分配慮していきます。ご家庭でも、お話をしていただき、体調管理、衛生管理など、ご協力よろしくお願いいたします。

6/1 心肺蘇生法研修会

 1日に大相模消防署より4名の隊員にお越し頂き、心肺蘇生法の研修を行いました。研修では意識のない児童に対し、声かけやAEDを用いながら、心肺蘇生を行う手順を学びました。水泳学習も本格的に始まる中で、万一の事態を想定し緊急時にはすぐに対応できるよう、共通理解のもと行動して参ります。安心・安全を心がけながら楽しく水泳学習を進めていきます。

5/27 第48回春季大運動会

 27日に第48回春季大運動会が行われました。今回の運動会のスローガンは「希望を胸に 全力ダッシュだ!輝け東っ子!」でした。どの競技でも一人一人が全力を出し切り、最後まで駆け抜けることができました。
 運動会にお越しいただいたご来賓の皆様、地域の皆様、保護者の皆様、本当にありがとうございました。さらに学校便りにも記載させていただきましたが、各自治会からお借りした児童席のテントは、子どもたちにとって体調維持の面で大変ありがたいものでした。。快くテントを貸して下さった各自治会様、またその設置をしてくださったおやじの会、PTAの皆様など、たくさんの方々のご協力のもと無事運動会を成功させることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも温かいご支援、ご協力をお願いいたします。


応援団長の堂々たる選手宣誓


自治会の皆様からのテント!!大切に使わせていただきました


6年生から5年生へ魂のソーラン節


受け継がれる花笠音頭

5/17.18 応援練習、運動会全体練習二回目

 17日、18日と連日運動会全体練習が行われました。日を追うごとに、各学年の練習にますます熱が帯びてきました。17日には運動会の歌「ゴーゴーゴー」の練習を行いました。以前の練習は体育館で行われたため、今回は校庭で大きな声を響かせることができるかがポイントでした。結果は、紅組、白組、青組どのチームも、元気な声を響かせることができました。
 18日の全体練習では、開会式の流れを一通り行い、また、運動会のスローガンも発表されました。今年度の運動会のスローガンは「希望を胸に 全力ダッシュだ 輝け東っ子」に決まりました。このスローガンを胸に、今年度の東っ子がどんな運動会を見せてくれるか今から楽しみです。最後に、今回の応援練習で、なぜ「エール交換」をするのか話がありました。「自分たちが勝つだけの目的なら、エール交換をする必要はないです。みんなが全力を出し合うからこそ、楽しい思い出として刻まれる。」という内容です。エール交換は得点に関係ありません。しかし、この話を聞いた東っ子たちが、本番当日どんなエール交換を見せてくれるか期待してます。

5/16 フレッシュタイム 運動会全体練習一回目

 16日に一回目の運動会練習が行われました。一回目の今日は開会式の入場行進、退場練習を行いました。本番さながらの緊張感の中練習は行われ、学校全体で運動会への気持ちを高めることができました。
 入場行進の曲は金管バンドの児童が担当し、バトンクラブの児童が行進をしながら演技を披露しました。どちらのクラブも休み時間や、土日に練習を重ね、素晴らしい演奏・演技でした。運動会本番でもよろしくお願いします。
 運動会はもうすぐです。気持ちを一つにして、東っ子の元気、笑顔あふれる運動会をつくりあげましょう。

5/15 一斉下校

 15日に今年度2回目の一斉下校が行われました。前回は雨の中の一斉下校となりましたが、本日は校庭に全校児童が集合し、交通安全についての共通理解を図ることができました。昨今、全国で小学生の交通事故が頻発しています。この機に今一度気を引き締め指導して参りますので、ご家庭でもお声がけいただければ幸いです。よろしくお願いします。

5/12 全校除草

 風にそよぐ木々の緑もまぶしい中、全校除草を行いました。
 暑い中での活動となりましたが、集めた草をビニール袋いっぱいに入れて満足そうにする顔がたくさん見られました。清掃活動を通して学校に対する愛着を更に深めることができたようです。

5月10日 東っ子わくわくランド

10日に今年度一回目の「東っ子わくわくランド」が行われました。東っ子わくわくランドでは、異年齢集団の交流を目的とし、上級生には下級生を思いやる心情とリーダー性を育成し、下級生には上級生に協力する態度を養うことを目的としています。
一回目の今日は顔合わせを行いました。それぞれのたてわり班に分かれ、どの班でも教員はほとんど進行せずに、6年生が中心となって進行する姿が見られました。中には、自分たちで遊びたい内容を決め、教室で全学年の児童が楽しめる遊びをしている班も見受けられました。次回の東っ子わくわくランドも全学年で楽しみましょう。

5/8 PTA総会

 8日にPTA総会が開催されました。PTAは『保護者と教師が協力して、家庭と学校と社会における児童の幸福な成長を図ること』を目的として活動を行っています。毎年、PTA役員の方には多大なご支援をいただいておりますが、今年度は「PTA役員の学校行事への招待」を通し、子どもの学校での様子をより多くご覧いただけるよう検討しております。ご来賓の市議会議員 江原様からは「PTAは子どもを媒体として学校の中で仲間をつくり、『学校と地域の橋渡し人』として安心・安全を勝ち取っていくことの大切さ」についてのお話がありました。保護者の皆様のご協力をいただき、更に信頼ある学校づくりを目指して参ります。
 ご参加いただいた皆様方には総会の円滑な進行にご協力いただきましたこと厚く御礼を申しあげます。ありがとうございました。

5/2 交通安全教室(2校時、3校時) 

5月2日の2校時に1・2年生となかよしさんが、3校時に3年生が交通安全教室を行いました。普段からお世話になっている、交通指導員の方々をお招きし、1・2年生となかよしさんは横断歩道、踏切、道路等の正しい歩き方を教えていただきました。3年生は事故に遭わないように、自転車利用のルールを学びました。今日教えていただいたことは、交通ルールだけではありません。ご家庭でも、自分で自分の命を守ることの大切さをお話してください。普段から交通ルールを守り、安全に過ごしていきましょう。

5/2 全校朝会

 5/2に2回目の全校朝会が行われました。今月の校長先生の10分間授業のテーマは「なかよし等をセンターに」というテーマでした。はじめに、先日の6年生による「モデル授業」を振り返りました。東越谷小の授業は学びあいの授業であり、全員発表・全員完了する授業を目指していきます。これらのことを達成するためには、あたたかい教室作りが欠かせません。友だちが間違っても笑わない、失敗から成長できるような雰囲気を授業の中だけでなく、学校全体で作っていきましょう。
次に「東越谷小学校には何学級あるでしょうか?」という発問に対し、23学級と自信を持って答えてくれた児童がいました。現在、東越谷小学校には通常学級18学級、特別支援学級の「なかよし」4学級、院内学級「おおぞら」1学級、計23学級あります。東越谷小学校では「なかよし等」をセンターに置き、様々な教育活動を進めていきます。苦手なことが多い、得意なことが多いことを「個性」として認め、仲間外れにするのではなく、学級の真ん中において、全員で学び合い、伸びていく学校にしていきましょう。
 最後に、鈴木裕吾先生からゴールデンウィーク中の事故に対する注意喚起、それに伴い今月の生活目標「廊下・階段を正しく歩こう」についての話をしていただきました。全員がルールを守り、楽しい学校生活を送りましょう。

5/1 中央中学区第一回小中合同研修会

 1日に東越谷小学校、中央中学校 越ヶ谷小学校の教員が花田小学校に集まり小中合同研修会を行いました。研修会は「学力向上」、「自己肯定感の高揚」、「中一ギャップの解消」を目的に、各校の今までの成果と課題について共通理解を図りました。学力向上については「1.アクティブ・ラーニングの推進」「2.小中一貫を目指した中央中しぐさの取り込み」、「3.学力テストの分析と課題の克服」、「4.教員の自己評価シートの活用」、「5.積極的なオープン研修」についての方向性を明確化し、中央中学区が一丸となって課題解決に当たる姿勢を再確認しました。
 本日、示された方向性を授業に活かし、具体的な手立てとして東っ子一人ひとりに確実な力がつくよう精進して参ります。

4/28 離任式

 28日に離任式が行われました。昨年度お世話になって転出された先生方をお迎えし、歌や、手紙のプレゼントを贈りました。入場曲は金管バンドが担当し、たくさんの拍手の中、先生方をお迎えしました。
 歌のプレゼントでは「離任式の歌」を合唱しました。校長先生の話にもあった通り、感謝の気持ちがこめられた、想いのつまった歌となりました。中には涙をうかべる児童もいて、転出された先生方にもきっと気持ちが伝わったことでしょう。
 転出された先生方が共通して口にされていた言葉は、「東小ってあたたかいな」、「ほっとした」という言葉です。あたたかい雰囲気を自分たちで作ることができる東っ子は本当に素敵だなと思いました。
 最後に児童代表の言葉にもありました。感謝の気持ちは歌、手紙以外でも伝えられます。成長した姿を見せることです。たくさん東越谷小学校で学びあい、伸びて、またいつか出会った日にたくさんの想いを伝えましょう。

4/25 モデル授業

 25日に「わらしべちょうじゃ」を題材としたモデル授業が体育館にて行われました。モデル授業は子どもたちが「学び合いのしかた」について理解することを目的とし、全校児童で6年1組の授業を見学しました。
 現在、東越谷小学校では『学び合い』をテーマに「全員発表・全員完了、三角ロジック、意見のつなぎかた」等に焦点を当て授業を行っています。モデル授業では「男はなぜ、びんぼうからものもちになったのか。」という「問い」について考え、文章から根拠をあげ主張を述べたり、活発な意見交流が行われたりしました。授業のふり返りでは「男はただ、運がよかったからものもちになったのではなく、優しい性格や、物事にひたむきに取り組む努力家だったから成功した」、「男は判断力・想像力が優れていたからものもちになった」などの意見が出ました。
 校長先生の講評では株式会社EDUCOMと連携し、スクリーンに映し出された授業場面について『学び合いのしかた』についての解説や具体的な改善点を示してくださいました。また、発表で良かったところについて児童一人ひとりの名前をあげ称賛しました。
 授業を見学していただいた来賓の方からは「半学半教」についてのお褒めの言葉をいただきました。「半学半教」とは緒方洪庵が開いた「適塾」の教育方法で、「自分で学びながら、後輩に教える」ことです。今回のモデル授業では1〜6年生の全東っ子で一つの授業に真剣に向き合いました。学ぶ者どうしがお互いを高め合うことの素晴らしさについて考えを深め、授業で実践していけたらいいですね。

4/21 フレッシュタイム

4/21日に今年度一回目のフレッシュタイムが行われました。今回のフレッシュタイムでは、集団行動を行う上で欠かせないハンドサインの確認、また、体操隊形の確認を行いました。先生の示すハンドサインをもとに、声を出さずとも素早くメリハリのある行動がとれていました。退場の際は、各学年が行進で退場していき、縦、横そろった見事な隊列は規律のある雰囲気を作り上げていました。先生の話にもあった、形だけをそろえるのではなく、心もそろえられるように頑張っています。

4/19 歌声のいずみ

4月19日に今年度一回目の「歌声のいずみ」が行われました。歌声のいずみでは、音楽の先生である和田先生と、歌声委員会の指導の下、今月の歌「離任式の歌」と校歌を練習しました。歌を歌う前には、ウォーミングアップとして声を出すためのリズムに合わせた準備運動をしました。最初は恥ずかしがっていた子供たちも、徐々に緊張がほぐれ、最後は自然と大きな声を出していました。歌の練習では、お世話になった先生方へ感謝の気持ちを伝えるため、とても真剣なまなざしで、きれいな歌声を響かせました。本番でも想いが伝わるように一生懸命練習しています。

4/17 一年生を迎える会

4月17日に「1年生を迎える会」が行われました。この日が全校生徒で行う初めての行事となりました。1年生は、4年生から贈られたメダルを胸に、5年生が準備した花のアーチの中を、6年生におんぶされ、たくさんの拍手の中入場となりました。会場には3年生が用意した「入学おめでとう」の大きなメッセージ、2年生からは朝顔の種がプレゼントされました。全校生徒の暖かい気持ちが、たくさんの1年生を笑顔にしてくれました。
また、プレゼントだけでなく、各学年工夫をこらしたメッセージ、パフォーマンス、中には漫才、リコーダー、なわとび、マット運動などを披露してくれた学年もあり、一年生からは感嘆の声があがりました。
学校紹介では東越谷小学校のヒーロー「おあしすレンジャー」が登場しました。待ちに待ったヒーローの登場に1年生は目をキラキラ輝かせて見つめていました。
たくさんのプレゼントをもらった1年生もお返しに全員でメッセージを贈りました。堂々とした発表で、そして大きな声で感謝の気持ちを伝える姿はとても立派でした。
最後に全員で校歌合唱を行い、29年度の東っこはとても良いスタートを切りました。

4/10 入学式

10日に入学式が行われました。笑顔いっぱいの元気な1年生92名が東越谷小学校に入学しました。新1年生入場では6年生が入場BGM「さんぽ」をリコーダーで演奏、歓迎の言葉では2年生が大きな声で堂々と発表し、東越谷小学校のもつ暖かさ溢れる入学式となりました。

4/10 始業式

10日に始業式が行われました。児童代表の言葉は新6年生の吉田さんが担当しました。「辞書活用」や「学び合いの姿勢」をキーワードに、原稿を読み上げるのではなく、聞き手を意識した全校児童のお手本となる発表でした。校長先生からは『うさぎとかめ』の童話から、ゴールを見据えて挑戦することの大切さのお話がありました。東っ子全員が自分のゴール設定し、目標に向かって頑張れたらいいですね。また、転入の先生方の挨拶がありました。新しい「チーム東越谷」で精一杯精進して参りますので、温かいご支援をいただければ幸いです。どうぞ、一年間よろしくお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページのトップに戻る本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成29年度学校行事

サブナビゲーションここまで

東越谷小学校

所在地:〒343-0023 越谷市東越谷六丁目1040番地
電話:048-964-0675
Copyright © Hkoshigaya Elementary School. All rights reserved.