このページの先頭です
東越谷小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 各種たより
サイトメニューここまで


本文ここから

平成29年度学校行事の様子(1/9〜)

更新日:2018年3月23日

3/23 卒業式

 3月23日金曜日に、平成29年度第48回卒業証書授与式が行われました。少し緊張した面持ちで入場してきた卒業生98名が、一人ずつ壇上に上がり、校長先生から卒業証書を受け取りました。その後の校長祝辞では、「4月に公開したモデル授業では、2組と3組で先行実践を行っての練り上げが、1組のあの素晴らしい全員発表の授業となったこと」と、「6年生の子どもたちが自分たちで話し合って創り上げた『スマイルカーネーション』」という、感謝の気持ちを届けてくれた素晴らしい実践についての話をされました。続く『校長先生の最後の授業』では、中学3年生の時に担任した生徒との心の絆と奇跡のような巡り会わせの体験を語り、「出会いを大切にすること」と「あきらめずに努力し続けることの大切さ」を伝えました。
 お別れの言葉では、六年間を振り返った呼びかけを大きな声でしっかりと発表していました。その中で披露された『ふるさと』と『旅立ちの日に』の合唱では、6年生の「東越谷小学校の伝統を引き継いでいってください。」との思いがこもった美しい歌声に、5年生の「任せてください!」と言っているかのような力強い歌声が重なり、とても素晴らしいハーモニーが体育館いっぱいに広がりました。
 最上級生として、下級生のお手本として、学校をよくする委員会活動においてなど、陰になり日向になり東越谷小学校のために頑張ってくれた6年生。今まで本当にありがとうございました。どうか、中学校でも勉強や運動に打ち込み、夢を実現するため、大きくはばたいていってください。

3/2 スマイルカーネーション

 3月2日金曜日の午後に、6年生主催のスマイルカーネーション(感謝の集い)が行われました。「運動や勉強での素晴らしい成果を見せないと、卒業を認めてもらえない。6年生全員で力を合わせて、卒業を認めてもらおう!」というあらすじのミュージカル風の劇は、教育漫才で培った面白さと、児童たち一人一人の得意なことを生かした魅力あふれる素晴らしいものでした。跳び箱やダンス、「教室は間違うところだ」の群読や迫力ある合奏などの披露に、何度も何度も拍手が起きました。その後、児童から記念品として、教職員には手作りのランチョンマットと袋が、保護者にはメッセージカードが手渡されました。そのお返しに、保護者からは嵐の『ふるさと』、教職員からは中島みゆきさんの『糸』の歌の披露がありました。感動して涙を流す児童の姿があちらこちらで見られました。児童たちも、保護者も、教職員も、みんながほっこり温かくなった、東越谷小学校らしい素敵な会でした。

3/6 東っ子わくわくランド最終回

 3月6日火曜日の昼休みに、今年度最後の東っ子わくわくランドがありました。今回は、今までお世話になった6年生に楽しいひとときを過ごしてもらえるよう、5年生が中心になって計画を立てました。最初に、1年生から順番に、自分が書いたお礼の言葉を読み上げました。そのあとで、6年生一人一人にそのメッセージカードを手渡しました。うれしそうな、でもどこか少し寂しそうな表情で受け取る6年生の姿が多くみられました。最後に、みんなでゲームを楽しみました。一年間を締めくくる素敵な思い出を作ることができた日でした。

2/28 六年生を送る会

 2月28日水曜日の2校時目に、「六年生を送る会」が行われました。3年生がプレゼントしたメダルをかけた6年生を拍手で迎えた後、3年生、1年生、2年生、4年生、5年生の順でお祝いと感謝の言葉などの出し物を披露しました。3年生は、「これは誰でしょう?」クイズの形での呼びかけと、6年生から教わったリコーダー曲の演奏を行いました。1年生は、休み時間や運動会での6年生の「やさしさ」や「カッコよさ」をスキャンし、アップデートして、立派な東っ子に成長してきた姿を見せていました。2年生は、「6年生にも2年生や1年生だった時があったのかな?」という視点から、代々の担任の先生方にインタビューをし、自分たちも6年生のようになっていくという決意を表明しました。4年生は、クラブ活動での出来事を漫才で発表し、会場中を笑いの渦に巻き込んだ後、感謝の思いを素晴らしい歌声で表現しました。5年生は、「旅立ちの日に」をリコーダーで演奏した後、感謝状の贈呈をし、東越谷小学校の伝統をしっかりと受け継いでいく決意を力強く述べました。そのあとで、6年生より記念品として配膳台拭きのプレゼントと、お礼の合唱・合奏の披露がありました。6年間培ってきたすべてを注ぎ込んだかのような、圧倒的な迫力の合奏と、美しいハーモニーで、最高学年の貫録を十分に示してくれました。共に過ごせるのも、残すところあと一か月。6年生から渡されたバトンをしっかりと引き継いでいけるように、頑張ってほしいものです。

2/23 チター音楽鑑賞教室

23日(金曜日)の3校時、チター演奏者の吉野房子さんと藤森美月さんが、6年生を対象にチター音楽鑑賞教室を開催してくださいました。チター(ツィター)という楽器は、オーストリア・ドイツ・スイス等ドイツ語圏を中心に弾かれているチロル地方の民族楽器です。共鳴する木の箱の上に5本のメロディー弦と30本以上の伴奏弦を横に張り、メロディー弦を右手の親指にはめた金属製の爪(リングとかピックとかプレクトラムと呼びます)で弾き、残りの右の指で伴奏弦を弾いて音を出します。左手は、メロディー弦のフレットを押さえて音程を変えます。日本ではあまりみかけない楽器ですが、日本の箏もチターの仲間です。珍しい楽器の演奏に6年生は興味津々!演奏会の最後には、日本の名曲『ふるさと』をチターの音色とともにみんなで歌うことができました。

2/21 ありがとう集会

 2月21日の昼休みにありがとう集会を行いました。お世話になった地域の方々をお招きし、一年間の感謝の気持ちをお伝えました。子どもたちが作成したお礼の手紙や、感謝の気持ちを込めた歌「風」を手話つきでお届けし、体育館は東っ子の「ほっこり感」で包まれました。
 今回の集会で、東越谷小学校の教育活動をいつも支えてくださり、東っ子を温かく見守ってくださっている地域の方がこんなに多くいるということを、子どもたちは改めて気付くことができたと思います。また、東越谷小学校の「タペストリー教育」は地域の皆様のご協力、ご理解があって、これまで実践してくることができました。この場をおかりして感謝申し上げます。本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

2/16 歌声の泉 遊びランド

 2月16日金曜日の朝、体育館で歌声の泉がありました。「ありがとう集会」で歌う「風」の練習を手話付きで行いました。最初に各クラスの担任の先生にジャッジをお願いして一回歌い、その講評を踏まえて二度目を歌いました。体育館に、素晴らしい歌声があふれました。ありがとう集会で喜んでもらえるといいと思いました。
 体育館ではその後、2年生の「遊びランド」が行われました。段ボールや空き缶などで、巨大迷路や玉入れ、宝探しなど、いろいろな遊び道具を作り、1年生を招待しました。業間休みには、中学年や高学年の児童も来て、楽しんでいる姿も見られました。どの子も笑顔で遊んでいました。みんなに楽しんでもらえて、作った2年生もとてもうれしそうでした。

2/7,14 クラブ紹介

 2月7,14日の『集まれ東っ子』では、クラブ紹介を行いました。東越谷小学校にはサッカー・球技・バトン・バドミントン・卓球・手芸・調理・ABCコンピュータ・科学・金管の10のクラブがあります。楽しいところ・できるようになることの紹介や、クラブからのお知らせ、作った作品の紹介などをビデオを見ることで、クラブの活動内容を知ることができました。3年生はクラブ希望調査が行われます。クラブ紹介ビデオの鑑賞やクラブ見学を通して、自分が入りたいクラブが見つかるといいですね。

2/6 校内なわとび大会

 6日に校内なわとび大会が行われました。1月、2月と悪天候が続く中、できる時間、場所を見つけては、なわとび大会に向けて練習している姿が印象的でした。目標を達成することも素晴らしいですが、目標に向けて継続して練習し、ここまで頑張れたことはとても価値ある経験になったと思います。
 本番には多くの保護者、地域の方が来校してくださり、子どもたちに声援を送ってくださいました。子どもたちにとって何よりの励みになりました。ご声援ありがとうございました。

2/1 校内研修 研究授業

2月1日木曜日、平成29年度最後の研究授業と教職員研修が行われました。5時間目に行われた5年2組で国語科「想像力のスイッチを入れよう」の授業では、今までに学習したスイッチを使って3つの事例を検討しました。どのグループもウェビングマップに書き込みながら、活発に話し合い活動を行い、全体で共有する場面では挙手が多いのみならず、たくさんの人と温かくつながりあい、学び合う様子が見られました。その後の東部教育事務所 山川時彦先生によるご指導では、ワークシートの工夫や前後の学年での学習事項や他の教科の関連する分野にも触れるなど、子供たちの意欲をより引き出すためにはどうしたらよいかという視点でご指導いただきました。この学びを活かし、今後も温かくつながりあい学び合う学級づくり、学校づくりに尽力していきたいと思います。

1/31 環境委員会

環境委員会では毎週水曜日の朝、『空き缶回収』を行っています。集めた空き缶は業者に買い取っていただき、栗山さやかさんの活動支援に充てています。2学期までに64キログラムの空き缶が集まりました。今年度、環境委員会の児童達は100キログラムの回収を目指して活動しており、あと約1600個(1人当たり3個)集まると目標に到達します。ご家庭でお持ちの空き缶がありましたら是非お持ちください。

1/29 群読集会

29日(火曜日)に「(1)相手意識を持って、語りかけるように声を出すこと。(2)話している人の顔を見て、相づちを打ちながら発表を聞くこと。」を目的に群読集会が行われました。3・4年生は北原 白秋 作詞の「お祭り」を、迫力ある掛け声とリズミカルな読み口で、臨場感のある祭りの盛り上がりを表現することができました。群読の中盤では神輿が登場し、体育館を練り歩きました。学年を超えた掛け合いや体育館に響き渡る力強いソロパートなど、工夫が輝る発表でした。他の学年の児童は体でリズムを取ったり、相づちを打ちながら発表を聞くことができました。
 全校群読では「365日の紙飛行機」を行いました。詩に込められた思いを想像しながら、共に発表している東っ子に語りかけるように群読をすることができました。目的意識をしっかりと持ち、心と声を合わせることができた大変素晴らしい群読集会でした。

1/26 卒業制作(6年生)

26日(金曜日)、6年生が卒業制作で陶芸を行いました。1時間目に講師の先生より陶芸についての説明や作り方を教えていただきました。2時間目以降は各教室に戻り、手のひらや延ばし棒を使って土練りをしたり、指先やヘラ・ペットボトルを器用に使ったりして、思い思いの作品を成形することができました。思いを込めて作った作品がうまく乾燥するのを祈るばかりです。
 陶芸の歴史は縄文時代から始まっており、縄文土器は世界で最も古い土器のひとつとしても知られています。日本人に深く関わりのある陶芸の歴史を肌で感じ取るとともに、卒業に向けた一人ひとりの思いを形にできたことでしょう。

1/23 登校指導

 23日の早朝、雪化粧した校庭から湯気がたち、どこが幻想的な雰囲気を醸し出していました。そんな中、先生方は朝早くから雪かき作業を行い、子どもたちが安全に登校できるように努めました。登校時刻になると、登校指導場所に立ち子どもたちの登校の様子を見守りました。子どもたちは足元の雪に心躍らせながら登校する様子が印象的でした。保護者や地域の皆様にもご協力いただき、東っ子が事故なく無事に登校することができて教職員一同胸を撫でおろしました。

1/22 下校指導

 22日、関東地方は4年ぶりの大雪に見舞われました。児童の安全を図るため、先生方が下校指導分担場所に立ち、下校の様子を見守りました。

1/9 租税教室(6年生)

 9日(金曜日)、6年生を対象に『租税教室』が行われました。税理士の先生が税金の使われ方を説明してくださったり、アニメを通して税金の仕組みについて学んだりしました。6年生は12月に国会議事堂に社会科見学へ行き、「国民としての権利及び義務」についての学習をしてきました。そのうちの一つである『納税の義務』が日本国憲法の基本的理念である国民主権と深くかかわっていることを、日常生活における税金の使われ方と関連付けて学びを深めることができました。児童からも「税金がある理由がよく分からなかったけど、僕たちの生活にとって大切なものであると分かった。これからは、税金を正しく使ってくれるような人に国会議員になって欲しいと思いました。」という声があがりました。

1/17 集まれ東っ子

 1月17日の朝活動の時間に、集まれ東っ子がありました。今回は、1組VS2組VS3組対抗ボール送り大会を行いました。1年生と6年生、2年生と5年生、3年生と4年生が1つのチームとなり、2回戦分の各チームの合計得点で競われました。第1回戦目は上から、第2回戦目は下から後ろの人にボールを送りました。各チームの「さがったほうがいいよ!」「いいぞいいぞ!」「がんばれ!」など、アドバイスしたり励ましたりする声援が校庭中に響きました。2回戦目の終盤、集会委員のアナウンスに応えて、まだゴールしていないチームにみんなで声援を送った場面では、子供たち一人一人がもう立派なオアシスレンジャーになっていることに気づき、ほっこりと温かい気持ちになりました。結果は、1位3組、2位2組、3位1組でした。計画と準備をしてくれた委員のみなさん、楽しい企画をありがとう。そして、お疲れさまでした。

1/16 フレッシュタイム

 1月16日に3学期最初のフレッシュタイムが行われ、短なわ跳びの隊形や結び方を確認しました。業間や昼休みには、自主的に短なわや長なわの練習に取り組む様子が見られます。自信をもって『なわとび大会』当日を迎えられるように、これからも頑張りましょう。

1/9 三学期始業式

 新年あけましておめでとうございます。今年も本校の教育活動へのご協力よろしくお願いいたします。 
 今日から三学期が始まり、いよいよ今の学年を締めくくるまとめの学期を迎えました。今日の始業式では、5年生の児童が三学期の目標について発表してくれました。原稿を見ず、まっすぐ前を見て発表するその姿からは、最高学年に向けての強い思い、決意を感じ取ることができました。運動面ではなわとび大会、勉強面では苦手な算数を友達と学び合いながら取り組みたいということを発表してくれました。
 三学期が始まって最初の「校長先生の15分授業」では、「心持ち」について話がありました。今日の課題は「花咲かじいさんから学ぶことは?」という課題でした。昔話を聞いた子どもたちからは、「宝物が欲しいと思って花を咲かせようと思ったのではなく、人を喜ばせようとして花を咲かせた、そこにいじわるなおじいさんと花咲かじいさんの違いがあった。」ということを発表してくれました。三学期もまだまだたくさん行事が行われます。どのように取り組むかは自分次第です。今日の話を聞いて、転入生を迎え584人となった東っ子たちはどのような心持ちで、残りの行事へ取り組むのかとても楽しみです。
 最後に今月の生活目標について話がありました。今月の生活目標は「寒さに負けず外で元気に過ごそう」です。気温も下がりとても寒い日が続いていますが、教室にひきこもらず外で元気よく、友達と仲良く遊びましょう。

このページのトップに戻る本文ここまで


東越谷小学校

所在地:〒343-0023 越谷市東越谷六丁目1040番地
電話:048-964-0675
Copyright © Hkoshigaya Elementary School. All rights reserved.