このページの先頭です
増林小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 増林小学校 の中の スクールライフ の中の 児童の活動 の中の ホタルの成長 のページです。


本文ここから

ホタルの成長

更新日:2017年5月12日

6年:ホタルの放流〜5月12日金曜日〜


昨年度から育てていたホタルをホタル小屋に放流しました。


6月に行われるホタル観賞会までに成長してほしいという願いを込めて小川に放流しました。

5年生〜ホタルの観察〜


引き継ぎ式から5年生のホタル飼育が始まりました。


児童は、ホタルの特徴を捉え、観察した内容を記録しています。


観察した内容を図鑑で調べ、成長していくうえで大切な事柄を学んでいます。

5年生:ホタルのひきつぎ〜9月29日〜

ホタル観賞会が終わり、2学期からは、6年生にかわり5年生がホタルの世話をします。昨年度、初めて卵から孵った幼虫が成虫となり、観賞会では、仄かな光をはなってホタル小屋を舞っていました。今年は、ホタルの卵ができず、ホタルの会会長様よりホタルの幼虫をいただきました。これからは、5年生が来年のホタル観賞会まで育てていきます。今年は、ホタルの卵ができるといいです。


越谷ホタルの会会長をお招きして、ホタルの育て方を教えていただきました。


スポイトでやさしくホタルの幼虫を吸い取り、大きさに分けます。タニシをつぶして、幼虫のえさにします。

ホタルの放流


6月1日、6年生が大切に育てているホタルの幼虫をホタル小屋に放流しました。幼虫はやがてさなぎになり、今月下旬には、ホタル小屋を幻想的なひかりで包むことでしょう。

幼虫からさなぎへ


越谷のホタルを育てる会の会長様よりいただいたホタルの幼虫を特別な入れ物にいれて学校で育てました。7月には、さなぎになりました。しばらくたった夜、さなぎを見るとほんのりと光を放っていました。

さなぎから成虫へ


7月7日、さなぎから成虫になりました。小さなヘイケボタルの誕生です。

成長したホタル


たくさんのヘイケホタルが誕生し、毎晩、まばゆい光を放っています。今年度、初めて産卵に挑戦します。

ホタルの幼虫誕生


夏休み中にホタルが卵を産み、幼虫が生まれました。初めての取組でしたが、大成功です。数ミリの幼虫は細い藻のようです。


卵からかえった幼虫は、今では1cm以上に成長しました。

6年生、ホタルの世話

5年生にホタルの引き継ぎ会をしましたが、学校で生まれたホタルの幼虫は、6年生が世話をしています。

水槽の水をかえたり、幼虫にえさをあげたりして、ずいぶん成長してきました。

初めて学校でかえったホタルの幼虫は、もう2cmに成長しました。

5年生にホタルを引き継ぎましたが、学校で初めて生まれたホタルの幼虫は、6年生がお世話をしています。水をかえたり、えさをあげたりして、幼虫は、2cmに成長しました。

ホタル引き継ぎ式


「越谷のホタルを育てる会」会長様をお招きしてホタル引き継ぎ式を行いました。ヘイケホタルの育て方のポイントを教えていただきました。今まで世話をしていた6年生から5年生へバトンタッチです。

ホタルの観察


今、5年生がホタルの世話に取り組んでいます。命あるタニシをホタルのえさのために与えます。


観察の様子をまとめました。


ホタルの幼虫は、少しずつですが成長してきています。


ホタルの成長を新聞にまとめました。脱皮を繰り返しホタルの成長が楽しみになりました。


6年生からホタルを引き継いだ5年生も少しずつホタルの世話に慣れてきました。


タニシのえさやり、水の取り換えをし、すくすくとホタルの幼虫の成長が伺えます。

5年生の取組:ホタルの成長


ホタルの観察・飼育を始めて約5か月が過ぎました。今までの記録を写真や言葉でまとめました。


一人一人がホタルの成長をプレゼンテーションソフトにまとめる活動をしました。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

増林小学校

所在地:〒343-0011 越谷市増林二丁目512番地
電話:048-962-2740
Copyright © Mashibayashi Elementary School. All rights reserved.