このページの先頭です
明正小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 明正小学校 の中の 学校の紹介 の中の 学力向上の取組 のページです。


本文ここから

学力向上の取組

更新日:2017年2月7日

 本校では、平成22年度から、国語科を中心に「生きる力を目指し、思考力、判断力、表現力を育む学習指導の改善」を研究主題として、指導法の工夫・改善に取り組んで参りました。そして平成27年度より、これまでの研究で得たものを算数科に広げ、「自ら学び続ける子の育成」を目指し、平成28年度はさらにアクティブラーニングの視点に立った授業づくりを中心に「基礎基本を身につけ、数学的な思考力・表現力を育む算数科教育の推進」を副題として研究を進めて参りました。小中一貫教育の学力向上の視点も含め、児童主体の授業作りを合い言葉に、昨年度同様の「授業研究部」「調査・環境整備部」の2つの部会を中心に、研究を進めて参りました。 特に、今年度は自力解決型指導、協働的な学び合いに視点をあて、取り組む内容について明確にし研究を行って参りました。以下に研究の一端をご紹介いたします。


研究主題設定の理由


全体構想図

授業研究部の取組


研究授業

 教師の指導力を向上させるため、「一人一研究授業」をおこなっています。
十分に教材研究を重ね、児童が主体となるアクティブラーニングの視点を
重視した授業を展開しています。


学習過程


ふりかえり


ふりかえりの観点

 「児童のレディネスの把握」・ 「1単位時間の見通しとふりかえりの重要性」・「既習事項の確認と課題解決の見通し」・「練り上げの場面での協働学習」・「子どもたちの言葉でのまとめ」を授業の中で意識しています。また「ふりかえり」の場面では観点を具体的に示し、「書く力」の育成も向上させています。


学習リーダーの手引き

 学びを確かなものするためには、「自ら」「関わりの中」で「深めて」行くことが必要です。そのために本校では「学習リーダーの手引き」を作成し、全児童に配布・指導しアクティブラーニングの視点に立った授業を展開しています。


 学びをより深めるために、教師の「学習の流れがわかる板書」と
子どもたちの「学びが積み重なるノート」が重要です。本校では低
学年用、高学年用のノートの取り方をてびきとし全児童のノートに
添付し、共通の指導を行っています。

 
 授業研究部では、調査統計部より明確にされた本校の良さと課題
を克服することができるよう、さらに児童が主体的に学び、他者との
関わりの中でより深く学びを得られる授業作りを研究していきます。

調査・環境整備部の取組

 

まず、授業を効果的に行うには、児童のレディネスの把握が最も重要です。調査統計部では児童の学力の定着度を全国学力・学習状況調査・埼玉県学力・学習状況調査・越谷市検証テストを分析・考察し、手立てを授業研究部と連携して考え提案しています。また児童の学習に対する意識を独自に調査し、経年変化を捉えながら考察しています。


算数コーナー(低学年昇降口)

 
 教室はもちろんのこと、児童の目のつくところに算数掲示を充実させています。
子どもたちの発表や、考え方の道順がわかるもの、児童のつまずきが多く見ら
れる所などを創意工夫して楽しい掲示になるよう心がけています。


 調査統計部では、国語部と算数部とも連携して、業前の活動も運営
しています。国語科では「書く力」の育成を最重要点課題に、算数科で
は「基礎・基本」のみならず、越谷市や東部教育事務所、文部科学省
の資料を用いて「活用力」の育成にも力を入れています。


 今後も児童一人一人の成長を分析、考察しそれを積み上げ、
より児童が主体的に学べる楽しく質の高い授業が展開できる
よう、取り組んでいきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

明正小学校

所在地:〒343-0827 越谷市川柳町一丁目401番地
電話:048-987-7560
Copyright © Meisei Elementary School. All rights reserved.