このページの先頭です
大袋中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 各種たより
サイトメニューここまで


本文ここから

小中一貫教育

更新日:2017年9月21日

自ら学び、自ら鍛え、社会に主体的にかかわる子どもの育成 〜自信と誇りを育む学校・地域の取組〜

大袋中学校区(大袋中・大袋小・大袋東小)では、H31年度までの5年間、「小中一貫教育」の研究を進めています。これは、小中学校間で目指す生徒像や重点目標を共有し、日々の教育実践の質を高めていくことで、学力の向上、中1ギャップの解消、自己肯定感の高揚を図ろうとするものです。
【学力向上】
・小中学校の教師が互いの授業を参観、また、教科ごとに小中連携が行えるように研究会を実施し、授業の中で9年間を見通した学習指導を行うことで学力の向上を目指します。
【中1ギャップの解消】
・3校合同の「大袋アプローチ」によって、小中学校で統一した「学び方」を身につけます。
・行事での交流や部活動体験、三校二園合同避難・引取訓練などの多様な交流によって。小中それぞれを「身近な学校」にします。
・小中学校の教師が互いに児童生徒の状況を把握しあい、一人一人の生徒応じたケアができるようにします。
【自己肯定感の高揚】
・授業、学級や学年での活動、学校行事など、様々な場面で共感できる仲間作りや自分で考え決定する場面を設け、「居甲斐」「やり甲斐」のある学校生活を目指します。
・小学校のサマースクール・ボランティアや三校合同避難訓練、交流行事の中で、「中学生としての力が必要とされている」ことを意識させる活動に取り組みます。

このページのトップに戻る本文ここまで


大袋中学校

所在地:〒343-0034 越谷市大竹236番地
電話:048-975-3830
Copyright © Obukuro Junior High School. All rights reserved.