このページの先頭です
鷺後小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 各種たより
サイトメニューここまで


本文ここから

校長だより 

更新日:2018年9月12日

9月

学校防災の日 校長 中三川 勉

 今年の夏は観測史上最も平均気温が高く、「危険な暑さ」「30年に一度の暑さ」となりました。社会科学の視点で気候変動の対策を分析している気候学者は、(1)新しい気象条件に向かっており、過去の常識、経験則が通用しない時代に入りつつある。(2)「気象変動社会」の入口から、中に入りかけている。(3)猛暑、豪雨、気温上昇等の「気象リスク」が高くなっている。(4)気象変動に対する備えが社会や個人のレベルで必要になってきている…と、指摘しています。

 本校でもプール学習、陸上大会に向けての練習の中止や、林間学校の持ち物の工夫など、暑さ対策を余儀なくされました。保護者の皆様におかれましては、ご理解、ご協力を頂きありがとうございました。

 さて、9月1日は「防災の日」。全国各地で防災に関する様々な取り組みがなされます。防災の日は、昭和35年に制定されました。9月1日を防災の日としたのは、関東大震災が発生した日であり、暦の上では二百十日に当たり、台風シーズンを迎える時期でもあることからです。

「埼玉県地震被害想定調査」によれば、活動期に入ったともいわれる首都直下型地震のうち、東京湾北部地震、茨城県南部地震など、今後30年以内に南関東地域でマグニチュード7程度の地震が発生する確率は70%とされ、地震が発生すれば、越谷市は震度5強から6程度の揺れとなる予測もあります。

 東海地震や、南海トラフ巨大地震の発生も危惧されています。「備えあれば憂いなし」といいます。今から、地震の発生に備えておくことが望ましいでしょう。
 
 越谷市では、「児童生徒の防災意識を高揚させ、災害時における小中連携体制を構築する」ために、2学期始業式の翌授業日を「学校防災の日」とし、市内の小中学校等が一斉に防災に関わる訓練を実施しています。本校でも、地震等を想定して、保護者の皆様や栄進中学校在学の兄姉に、本校児童を引き取っていただく訓練を行います。

 8月末の気象庁の発表によると、関東地方はこれからの1か月、平年より高い気温が続くということです。保護者の皆様には、暑さ対策をされた上、ご来校いただきますよう、お願いいたします。

7月

「大地変動の時代」〜地震への備え 校長 中三川 勉

 6月18日朝、大阪府北部で大きな地震が発生し、学校のプールのブロック塀が倒れ、4年生女児が下敷きになるという、痛ましい出来事がありました。被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます
 
 地震の翌日に、越谷市教育委員会による市内小・中学校を対象としたブロック塀の調査がありました。本校にはブロック塀の設置はありませんが、校地の周囲を中心に様子をご覧いただきました。  

 東日本大震災が引き金となり、日本列島は「大地変動の時代に入った。」と言われています。地震学者の鎌田浩毅氏は著書『日本の地下で何が起きているのか』の中で、「現在の日本の地震と噴火の頻発は「3.11」(東日本大震災)によって地盤に加えられた歪みを解消しようとしているものだ。もはや日本列島は千年ぶりの『大地変動の時代』が始まってしまい、今後の数十年は地震と噴火がやむことはないだろう、というのが我々専門家の見方なのである。」と述べています。

 本校では、5月2日に地震を想定した避難訓練を実施し、教室から避難経路を確認しつつ校庭に避難しました。また、5月29日から5月31日までの3日間、緊急地震速報が発令された時の対処法として、第一動作をとる避難訓練を実施。1日目は朝の時間帯、2日目は業間休みに、そして最終日は昼休みと、それぞれ緊急地震速報を放送し、その時自分が居た場所でどう身を処すかの訓練をしました。
 
 地震の際は、(1)窓や戸を開け、出入口を確保する (2)机の下などにもぐったり、防災頭巾などクッションになるもので頭部を守ったりする (3)慌てて外に飛び出さず、揺れがおさまるのを待つ… という、一連の行動がスムーズに取れる(行動のパッケージ化)ように指導しています。普段経験しない危機的場面に遭遇すると「認知→判断→行動」に時間がかかり、指示待ちでは更に時間を要すると言われています。(1)から(3)がスムーズに行える行動のパッケージ化により、避難に要する時間を短縮し、適切な行動が取れるようにしていきます。

 年間、学校に登校する日を約200日、登校から下校までをおよそ8時間とすると、高学年でも学校で過ごす時間は18%程。残りは家庭等で過ごすわけですから、単に避難の仕方を「教える」だけではなく、子供たちが「実行でき」更に「自発的に」行動できるように、学校でしっかりパッケージ化された退避行動を身に付け、どのような状況でも自分の身を守れる「防災対応能力」を高めていきます。
 
 夏休み明けの9月4日には、全市をあげて「学校防災の日」として、近隣校と合同の引き取り訓練が行われます。各ご家庭でも、避難経路や避難場所の確認、家族との連絡方法、食料の備蓄、防災グッズなどを、改めてチェックしてみてはいかがでしょうか。 

6月

3つの感謝、運動会

 5月12日の運動会では、多くの保護者、地域の皆様にご来校いただき、本当にありがとうございました。
「歴史をつないだ鷺後魂 燃えろ!輝け!全力で!!」という、運動会のテーマ通り、一人一人が練習で鍛えた力と、学級や紅白それぞれでチームワークを発揮して、競技・演技・応援・係の仕事に全力を尽くした運動会でした。
 地域の方からは「実施時期が早いのが気がかりでしたが、子供たちは一生懸命やっていて、例年と遜色のない演技ぶりでしたね。ここまで指導された先生方には、いろいろとご苦労があったことと思います。お天気にも恵まれ、いい運動会になりましたね。」というありがたいお言葉を頂戴しました。
 私も、あらゆる場面で見せる子供たちの一生懸命な姿や意気込みに感心し、一丸となって運動会を頑張ろうという、前向きな気持ちに感動しました。さらに、競技や演技をしている児童と応援する観客の皆さんが一体となっている姿にも心を打たれました。
 こうして、素晴らしい運動会をつくりあげることができたのは、児童の皆さん一人一人の自覚と努力、お互いの励ましや協力、そして、それを見守り応援してくださった、保護者・地域の皆様のお陰と感謝しております。
 例年ご支援いただいているPTAお父さんクラブの皆様には、早朝より、テントの設置や自転車置き場の整理など、運動会の進行・運営に力強いご支援を頂きました。
 また、栄進中の生徒の皆さんには「スポーツサポーター」として、会場の設営をお手伝いいただいたり、低学年児童の面倒を見ていただいたりと、大変助かりました。
 児童の皆さんも、運動会を通して、心温かな人たち、お互いに頑張れる友達、憧れの先輩が自分のすぐそばにいることを実感したことでしょう。

 素晴らしい運動会をつくりあげてくれた皆さんに、この場をお借りして、3つの感謝を申し上げます。
 1つめは、最後まで全力を尽くして頑張った全校児童の皆さんをたたえ、心を込めて贈ります。一生懸命、演技に、競技に、応援に取り組み、感動をくれてありがとう!
 2つめは、運動会の運営にご尽力頂いたPTAやお父さんクラブの皆さん、栄進中スポーツサポーターの皆さんに贈ります。万全を期した準備と進行、お疲れ様でした。
 3つめは、心温まる応援をしてくださった、来賓の方々や保護者・地域の皆様に感謝の気持ちを込めて贈ります。ご声援ありがとうございました。

  先週の土曜日、5月26日に栄進中学校の体育祭に行ってまいりました。はつらつ、きびきびとした、力強い動きは、さすが中学生と感心しました。新しく取り入れたという「縦割り団」によるチーム編成は、栄進中の生徒さんの充実した学校生活、1〜3年生の学級数が近いことにより実現したとのことですが、新しいことにチャレンジする先生方の「強い思い」「情熱」に敬服致しました。栄進中に多くの卒業生を輩出する本校としても、見習うべきことの多い体育祭参観でした。

5月

〜 運動会へ ようこそ 〜 中三川 勉

子供たちが、この日のためにと懸命に練習に励んでいる運動会、その日が間もなくやってきます。年間を通して最大級の行事であり、学校をあげて準備しているところです。ぜひご来校いただき、子供たちの頑張りにご声援賜りたいと存じます。

 運動会では、全員が徒競走(短距離走)、団体競技、表現・ダンスの三種目に取り組みます。代表選手によるリレーや応援合戦、全員参加の大玉送りなどの種目を通じて、子供たちの運動技能や体力、チームワークを競い合います。
 
 速く、強く、美しく、競技や演技で結果を出すことも大切ですが、何よりも大切なことは、心を合わせて協力すること、友だちの競技や演技から学んだり応援したりすること、高学年の児童は、準備や運営に携わり、自分の役割と責任を果たすことだと考えます。運動会は、子供たちの日頃の教育活動の成果を発表する場でもあるからです。
 
 子供たちに折に触れて話しておりますが、ご家庭でも運動会を参観される際、次の(1)〜(4)の視点でご覧になられ、子供たちをおほめいただければありがたく存じます。
 
 (1) 力いっぱい諦めずに最後まで行っているか。
 (2) 練習してきたこと、準備してきたことを生かそうと努力しているか。
 (3) 協力したり、心を一つに合わせたり、応援したりして友達と仲よくしているか。
 (4) 自分の役割や責任を果たそうとしているか。
 
 PTA役員の皆様、お父さんクラブの皆様には、準備や当日の運営にあたって大変お世話になりますが、よろしくお願いいたします。

 熱中症対策として、例年より1週間、昨年度より2週間早い開催となり、演技の完成度、運営上の至らなさなど、多々あることかと存じます。熱中症を未然に防ぐため、プログラム進行に給水タイムを入れ、昼食を空調の効いた教室でとりクールダウンを図る…等の対策を講じます。皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。
 

4月

平成30年度も、よろしくお願い致します  中三川 勉

 春休みに、開校以来本校に様々な草木を植え続けてくださっている「緑を育てる会」の皆様を中心に、地域の皆様、保護者の方々、本校児童、全教職員で、300株近いマリーゴールドをプランターに植え、新年度を迎える準備をしました。

 咲き誇る花の中、子供達が元気に登校してきました。新しい学年、新しい学級、新しい友達、新しい先生との出会いに「今年もがんばろう」という気持ちが伝わってきて、一層たくましく見えます。
 
 教職員一同力を合わせて、平成30年度の鷺後小学校の教育を、力強く推進して参ります。

 年度の初めにあたり、本校の教育目標、経営方針についてお知らせいたします。

○学校教育目標
 よく考え実行する子 仲よく助け合う子 健康でがんばる子
【知】確かな学力の向上 【徳】心の教育の充実 【体】体力向上、健康づくり

○学校経営方針
基本目標  「自ら学び、豊かな心を持ち、たくましく生きる児童を育成します」
【具体像】◇確かな学力をつける学校
 ◇豊かな心を育む学校
 ◇体力向上と健康な体をつくる学校

 子供自身が自分や友達の良さを発見したり、自分が学ぶことの意味や価値を見出したりし、人生を主体的に切り拓(ひら)くための学びを実現し、一人一人の児童を大切にした教育活動を行います。

 越谷市では、平成27年度から小中一貫教育に全市をあげて取り組んでいます。4年目を迎えた今年度、栄進中学校区(栄進中、大沢小、北越谷小、鷺後小)では、11月9日の小中一貫教育研究発表会に向けて、「HOT(Hanashiai、Oshieai、Tsutaeai)な学習形態の積極的活用」をモットーに、力を入れて指導していきます。

 新年度、新たな教職員で子供たちの指導にあたります。子供たちとの出会いを大切にし、あくまで子供たちを中心に、大きな実を結ぶよう努めます。皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

このページのトップに戻る本文ここまで

サブナビゲーションここから

学年のページ・お便り

  • 校長だより 
サブナビゲーションここまで

鷺後小学校

所在地:〒343-0022 越谷市東大沢二丁目1番地1
電話:048-977-3454
Copyright © Sagishiro Elementary School. All rights reserved.